真空装置 Vacuum Unit

ダイカスト法においてキャビティに溶湯が入ってくる前に金型内部のガスを排気する装置で、溶湯を遮断する真空排気バルブ、真空ポンプ、真空タンク、制御盤、トラップ等で構成されています。キャビティ内の真空度によって製品の品質が左右されます。

この技術は、広範囲にわたる研究からも品質向上に寄与することが実証されており、複雑かつ高品質な製品の生産を行っているダイカストメーカーに採用されています。射出工程中に発生するガスをバルブにより吸引・排出することでキャビティ内における射出のバラツキを抑制し、減圧による排圧に起因する様々な問題の解決にも有効にはたらきます。さらに生産効率アップをもたらし、これまで容易でなかったメッキなどの表面処理および熱処理、溶接などの後加工も簡単に行うことができるようになります。
真空ポンプ
MULTI-VAC 250-2