HOME >> ホットチャンバー
ホットチャンバー(ダイカストマシン)

ホットチャンバーは、融点の低い亜鉛やマグネシウムの鋳造に用いられます。亜鉛はメッキや塗装が行えるため、建築金物、調度品等に用いられています。また、成形精度が高く電機、自動車、コンピューター等の部品にも適しています。マグネシウムはプラスチック並の軽い材料でありながら強度と電磁遮蔽力があるので、ノートパソコンやデジカメ等の筐体への用途が拡大しています。

ホットチャンバーダイカストマシン
ホットチャンバーには溶解炉が組込まれています。炉の中にグースネックがあり、スリーブとプランジャーチップの先端が溶湯に漬っているのでショットごとに溶湯が自動的に供給されます。鋳造圧力が低いのでバリの発生が少なく、型締機構の寿命が長くなります。また、成形サイクルが早く溶湯の温度が低下しないので高品質な製品を成形することができます。
ホットチャンバー
(軽合金鋳物ダイカストの生産技術)
1 ロケートリング 5 プランジャーチップ 9 ノズル
2 射出シリンダー 6 プランジャースリーブ 10 プランジャーリング
3 プランジャーロッドジョイント 7 グースネック 11 射出フレーム
4 プランジャー 8 グースネックチップ 12 メルティングポット
KBSでは、お客様の使用条件に合わせて、プランジャースリーブからグースネックチップ部分までを一体あるいは焼きバメで製作しています。 (青字はKBS取扱い製品)
資料ダウンロード
アクション−KBSイメージ
会社案内
ダイカスト射出部品ラインナップ
アルパーシステムカタログ
アルパーモジュラープランジャー
エコジェット潤滑システム
バブリングシステム
サイアロン製品
セラミックスフェイシング
ラドルフィルター
ダイカスト製品
ダイカスト
ダイカスト
ダイカスト

KBSロゴ ダイカストの給湯から製品までを担う・・・久保製作所 Kubo Manufacturing Company
TEL 03-3859-1176 ・ FAX 03-3859-7016 ・ MAIL info@kbs-japan.com Copyright 2007 KBS All Rights Reserved