HOME >> ホットチャンバー >> グースネック
グースネック

ホットチャンバーを特徴づける部品で、常時保持炉の溶湯中にあり、射出シリンダーから押出された溶湯を方向転換させ、上部ノズルから金型に射出します。ガチョウの首のような形状をしているためこの名があります。プランジャーチップが摺勤する部分にはスリーブが固定され、プランジャーが戻ったときに溶湯が自動的に補給されるよう、スリーブの側面には穴が設けられています。

製品情報
マグネシウム用グースネック
マグネシウム用
マグネシウム用に開発した特殊熱処理と表面硬化処理が相乗作用し、従来品より一段と長寿命化が実現しました。
(ボアアップによる゚改造修理も承っています。)
亜鉛用グースネック
亜鉛用
材質の改良によって溶損を防ぎ充填率の安定を可能にするとともに、特殊鋳造法による湯道のサンドレス化を実現し、「捨て打ち」、「トラブル」などを根絶しました。さらに、湯口部の口金をテーパー形状にすることにより着脱が容易になりダウンタイムが短縮されました。

KBSロゴ ダイカストの給湯から製品までを担う・・・久保製作所 Kubo Manufacturing Company
TEL 03-3859-1176 ・ FAX 03-3859-7016 ・ MAIL info@kbs-japan.com Copyright 2007 KBS All Rights Reserved