HOME >> アルパー >> 真空システム
真空システム

コールドチャンバーでは、溶湯がキャビティに高圧・高速で注入されるので、射出工程で発生するガスが製品中に侵入して品質に悪影響を及ぼすことがあります。真空システムは、このガスを吸引・排出して射出のばらつきを抑え、減圧による排圧に起因する問題の改善に効果を発揮します。またメッキ等の表面処理および熱処理、溶接などの後加工も簡単に行えるようになります。

製品情報
マルチVACモジュラーシステム
マルチVAC真空システムは、チルベントまたは空気制御バルブで構成されています。バルブは真空チャンネルを介して金型に接続され、同時に真空ポンプのコントローラーに接続されています。射出プランジャーが注入孔を通過するとすぐ、真空がショットスリーブとキャビティーの両方に作用します。吸引作用はバルブがコントローラーか溶湯によって閉じられるまで続きます。
Cvチル CVチル
チルは、従来のオーバーフローや通風孔より効果的で安価な冷却方法です。素材は銅合金または鋼で、内部に冷却通路が組み込まれており、湯の冷却が迅速に行われます。真空制御器の有無にかかわらず使用できます。
Vfバルブ Vfバルブ
流量調節バルブは、射出プロセスの最後の一瞬まで真空を維持するために用いられます。バルブは湯が制御ピストンに当たった瞬間に閉鎖され、同時に真空バルブも閉じます。特許のタイフーン型円形真空ランナーを採用したVfバルブは、短時間・高速充填が行われる鋳造に極めて適しています。主として、計器板、自動車ドア、エンジンブロック、構造部品などの高品質用途に用いられます。
Vpバルブ Vpバルブ
ダイカストでは空気式制御バルブが一般的に用いられますが、本来は超大型製品に適しています。バルブの閉鎖は、真空コントローラーが主Vpバルブの排出ピストン閉鎖用高速バルブを作動させて行います。Vfバルブにくらべて磨耗部品が少ないので、長期間の使用すると大きな原価低減効果が得られます。
コントローラー
マルチVAC真空コントローラーは、真空制御プロセスやコールドチャンバーあるいはホットチャンバーで要求されるすべての条件を備えた組立式の装置で、ユーザーが調整、プログラム作成、メンテナンスを簡単にできるようになっています。各型式とも独立して設置することが可能で、タンク容量を選ぶことができます。また、中央制御式の真空ユニットに接続することも可能です。
LC100 LC100-250ユニット
低価格のLCシリーズは、単一のVfバルブまたはCvチルコントロール用に設計されており、製品サイズを問わず各種の真空制御プロセスに適合します。このシリーズには、プログラム可能なマイクロプロセッサーまたはリレー式コントローラーを組込むことが出来ます。ダイカスト装置との接続は、アナログ式あるいはデジタル式の入出力インターフェースを通して行うことができます。
MV250 MV250ユニット
MV250 ユニットは、2個のバルブを同時に制御することができます。また、真空プロセスのほとんどの条件に合わせることができます。コントローラーは、PLC表示ユニットまたはオプションの高性能のタッチパネル型インターフェースにつなぐことができます。MVシリーズには、多重言語プログラム機能や人間工学的な機能が組み込まれているので、あらゆる種類とサイズのダイカストに適合します。
Vacuum_AMPRV 真空とAMP−RVとの組合せ
アルパーシステムを用いたダイカストプロセスの顕著な特長は、AMP−RVプランジャーと真空制御式ダイカストシステムの組合わせです。AMP−RV多重リングプランジャーがショットスリーブと射出ピストンとの間隙をなくし、キャビティへの空気の進入を遮断します。その結果、製品の品質が向上し、スクラップの減少や生産の安定が達成されます。
資料ダウンロード
会社案内
ダイカスト射出部品ラインナップ
アルパーシステムカタログ
アルパーモジュラープランジャー
エコジェット潤滑システム
バブリングシステム
サイアロン製品
セラミックスフェイシング
ラドルフィルター
ダイカスト製品
ダイカスト
ダイカスト
ダイカスト

KBSロゴ ダイカストの給湯から製品までを担う・・・久保製作所 Kubo Manufacturing Company
TEL 03-3859-1176 ・ FAX 03-3859-7016 ・ MAIL info@kbs-japan.com Copyright 2007 KBS All Rights Reserved